ブログスタート。世界は続く何もなかったように。

ブログスタート。世界は続く何もなかったように。

先月・・。

 

ブログを立ち上げ、順調に記事を投稿しブログをスタートさせたものの、「SSL化」の対応に苦戦し、度重なるデータベースの書き換えにより、いつどこで何をしたのか分からなくなってしまい、脳内メルトダウンを引き起こした末、新たにサイトを立ち上げたswitchでございます。

復元するくらいなら、精度が低いなと思っていた記事を悔い改めたい気持ちが強かったのです。

とにかく、以前のサイトは、Wordpressに慣れるためであって、全てはこのサイトのためだ!という名目で立ち上げた訳ではありますが、心にはもちろん後遺症が残っていて、もちろんそれは修復していない訳で・・。この状態では最初のブログで書いたような勢いだけで記事を投稿する訳にも行けず、苦心の末に悩みに悩んだ果ての結果、最初の記事は「私が何を書きたいのか」。ということを最初の記事として書き出したいと思います。

 

switchブログの内容

 

 

釣り

私にとって、「釣り」とは趣味ではなく人生の一部なのではないか。と、最近になって思います。

具体的に説明すると、娯楽でもなく、息抜きでもなく、ストレス発散が目的でもなく、ただ歩くという行為に似ているのではないかと思っています。

だから、釣れても釣れなくても、どちらも当たり前の日常であって、最高の日常なのであります。

きっと、分かる人には分かって、分からない人には分からない。そんな境地の問題だと思いますが、そんな釣りという世界を文章で楽しいと思わせることが出来れば・・。

そんな趣旨のもとで記事を投稿したいと考えています。

 

 

読書

釣りと同じく、趣味というよりは人生の一部です。

具体的に説明すると、一冊の本を読むことで、自分という殻を脱皮をしています。

一つの物語の主人公を読み込むことで、主人公の考えに寄り添うことで、自分の視点というものが一つ増える感覚がします。特に純文学という小説は。

それって凄くないですか?本って素晴らしくないですか?

本は素晴らしい。ということを伝えたいと考えています。本を読む人のためというよりは、読書という日常のない人が興味を持つような記事を書きたいと考えています。

 

雑記

小説が「物語」であるならば、ブログは「日常」や「日記」のようなものなのかなと思います。

つまりは、日常を重ねることで物語になるのではないかと・・。

自分というつまらない人生を送る小さな人間を物語の主役として記録として残すことが出来るというのは、とても有意義なことだと思い、それを雑記としてオールジャンルで書きたいと思っています。

 

 

要するに

 

 

switchのなんでもブログです。

本も釣りも素晴らしいんですよと言いながら、何か書きたいものを書く。

本からこのサイトへやって来た方には申し訳ない限りです。

釣りからこのサイトへやって来た方にも申し訳ない限りです。

そんなswitchという人間ですが、読んでくれた方に感謝をするばかりです。

これから記事をどんどん増やしていく所存ではございますが、よろしくお願い致します。

 

switch