篠栗町の鳴淵ダムへ川遊びに行く!

篠栗町の鳴淵ダムへ川遊びに行く!

当たり前の話だけど、子どもが毎年歳を重ねて1歳から2歳、2歳から3歳、3歳から4歳へと大きくなるにつれて思うことがあります。

それは、どんな遊び場に連れて行こうか。という問題です。

 

なんだか、当たり前の問題なのですが、2歳の頃にはまだ早いと思えた遊び場が4歳になって楽しめる遊び場になっていたり、逆に2歳のころに楽しんだ遊び場が4歳になった子どもには満足できない遊び場になってしまうように、子供の年齢と遊び場との関係は季節という要素も含めると、意外に複雑なのかもしれないと計画立案する私としては思うのです・・。

と、言いつつも子どもは何処に連れて行っても楽しんでくれるのですが、出来ることならば楽しかった記憶よりも、めっちゃ楽しかった記憶になってほしいし、パパ!あそこに連れてって!って言ってくれるような場所に連れて行きたいといつも思います。

そうなれるように、今回向かった場所は篠栗町!

今年で4歳になる子どもが、「川に行きたい」と言うので、古賀市在中のswitchの頭の中では近くの川遊び(水遊び)ができる遊び場や有名な川遊びのできる遊び場が浮かぶのですが、できることなら新しい遊び場に連れていきたいと思い、糟屋郡篠栗町の鳴淵ダムへ行って来ました。

 

鳴淵ダム清流公園とは

 

福岡市方面から国道201号線上の「鳴淵ダム入口」交差点を左折してすぐに見える公園です。

駐車場は20台から30台くらいでしょうか・・トイレも自動販売機もあります。

トイレが近くにあるというだけで、大人も子どももすぐにトイレへ駆け込めるのでトイレが有る無いの違いは結構大きいと実感しています。

ちなみに、交差点に入る手前にコンビニ(ポプラ)もあります!

 

入口に入って、すぐに感じたことは、

「・・これがウォールマリアか・・」

と進撃の巨人的な発言をしてしまうほどに、鳴淵ダムの巨大なコンクリートの壁がそびえ立っています。

なんだか、曇天ということもあり、コンクリートの後ろから巨人がでてきそうな気がしますね・・。

 

そして、何よりも良かったところは、これ↓。

流水すべり台です。

事前にヒップソリを持参していたので、摩擦によるケガや服が汚れるなんて問題はありませんでした。ちなみに、直で滑るより速度がある気がします・・。

 

川の方はこちら↓。

雨が降ったせいで若干増水気味で川全体が5センチほど深く流れが早いとのことでしたが、水も冷たくてキレイで小さな魚も泳いでいたりして、すごく環境が良いと感じました。

JR福北ゆたか線の電車が直近を通るので、電車好きの子どもにはたまらないスポットかもしれません。

 

ちなみに、川の底は丸石というよりも、大きめのゴツゴツした岩もあるので、サンダルよりもマリンシューズなんかを子どもに履かせておいた方が足のケガの予防になると思いました。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?。

うちの子どもはエンドレスにすべり台をすべり続けるくらいにこの公園を満喫し、車で帰り始めた頃には爆睡するほど楽しんでくれたようです。

注意点としては、川の水は海水やプールの水よりも冷たいので、子供の体調管理には十分気をつけてください。

 

子供の興奮は大人の喜び

switch