【福岡でサイクリング】長谷ダム編

【福岡でサイクリング】長谷ダム編

こんにちわ。ロードバイク初心者のswitchです。

現在、初心者らしく理想のサイクリングロードを求めて、自分のレベルに合った道を探しているのですが、今回は福岡市にある長谷ダムの周回道路を走ってみたので、その感想を書いてみたいと思います。

 

長谷ダムとは

 

福岡市東区香椎にあるダムです。

香椎側⇔久山側に最短で行けるルートです。

東区はswitchの地元なので、僕が子どもの頃、よく父親にバスフィッシングに連れて行ってもらったことのある馴染みのあるダムです。※ 現在は釣り禁止となっております。

ダムの中心を基準にして、北東側半分の道路がふれ愛ロードと呼ばれる自動車の通行が物理的に禁止されているエリアがあり、その道では近隣住民の方々がジョギングや散歩をしている憩いの道となっております。また、南西側半分の道路が一般道となっております。

 

switch的評価

 

ここでは、switchが独断と偏見でロードバイクのサイクリングに向いているのか、項目別で評価してみます。

 

路面適正★☆☆☆☆

ふれ愛ロードと呼ばれる自動車通行禁止帯があるのですが、落ち葉が路面に積もっているので滑りやすくなっていると考えられます。

雨の日や路面が湿っている時は、さらに滑りやすくなると思われます。タイヤ幅が狭いロードバイクならスリップの危険性が増しますのではないかと思い、星1つの評価・・。

 

勾配(難易度)★★☆☆☆

香椎⇔ダム公園間のルートでは、住宅街を通るのですが結構な勾配があります。

また、ダム⇔久山間のルートでも、結構な勾配があります。

しかし、ダム湖のまわりを周回するのであればそこまでの勾配はありませんので、獲得標高(難易度)を目的としたサイクリングをするのであれば長谷ダムを通過するルートを通れば達成できるのではないかと思われます。ということで周回では難易度を得られないけれど通過点であれば標高を獲得できるので星2つ。

 

爽快感★★★☆☆

絶景があるわけではありませんが、ふれ愛ロードでは低速巡航必須ですが森林浴を楽しみながら鳥のさえずりや葉と葉が擦れ合う音や木漏れ日から漏れる光や湖面を見ながらサイクリングを楽しむことができるので、心が落ち着いて癒やされます。switchが走ったのは真夏の8月だったのですが、真夏でも太陽の光を木々が遮ってくれるし、ひんやりとしていて走りやすかったです。

 

サイクリング適正★★☆☆☆

長谷ダムの周回道路の半分はふれ愛ロードと呼ばれる自動車通行禁止ゾーンがあります。そのゾーンでは地元の住民の方々がジョギングや散歩をされており、自転車専用・歩行者専用の道路に分かれていませんので、スピードを上げてサイクリングをするのは紳士的に、マナー的に鑑みてするべきではないと思います。

ということで、長谷ダムを周回サイクリングをするのであれば低速巡航を推奨しますが、あくまでも周回するというよりは、自動車禁止帯を通らないルートを通過する方がよいと思われます。

 

なので、星2つ。通過ルートであれば、それなりの獲得標高があるので星3つといったところでしょうか。

全体的に評価は低いですが、森林浴をしながら周回サイクリング(低速)ができるコースなので、リフレッシュ目的のサイクリングに最適な道だと思います。

 

それではまた、自分に合うサイクリングロードを求めて、自転車に乗ってみようと思います。

読んで頂き、ありがとうございました。

switch