【自転車通勤】ワークマンのコスパ抜群の軽量防寒ミドルパンツ「CROSS SHIELD」のススメ!

【自転車通勤】ワークマンのコスパ抜群の軽量防寒ミドルパンツ「CROSS SHIELD」のススメ!

自転車通勤において嫌なことが、ズボンの裾が汚れてしまったり、フロントギアに裾が噛み込んでしまったりすること・・。

レインスーツの裾・・フロントギアと接触によりチェーンオイル付着・・

一応、干渉しないように「裾バンド」という足首に巻きつける商品が売っていることは知っていますが、そもそもパンツ(ズボン)ではなく、タイツを履いておけば裾の汚れを気にすることなく快適に自転車に乗れるので、裾対策として、基本的に自転車に乗る時は”タイツ派”のswitchです。

そんな自称”タイツ派”のわたしではございますが、冬将軍の到来によって、結局タイツ派からズボン派へとなってしまうんだろうな・・とぼんやりとタイツを諦めていたswitch。

しかし、「わたしの神様」ことワークマンで購入した「CROSS SHIELD」シリーズミドルパンツを購入したことにより、真冬でもタイツ派として継続できるはず!という域に達したので記事にしようと思います。

ということで、今回の記事は、タイツ派にとっての真冬のパンツ(短パン)選び!となります。

 

CROSS SHIELDとは

 

クロスシールドは、ワークマンの中でもスポーツアイテムに特化したブランド、「Find−Out」から発売されているウェアシリーズになります。クロスシールドの他にストームシールドやエアロストレッチなど様々なコンセプトに沿ったシリーズがあったりします。

そんなシリーズの中でも、特にCROSS SHIELDは、「動きに特化した軽量防寒ウェア」というコンセプトで設計されており、中わたを使用しつつも軽量性と保温性を両立しているウェアというコンセプトをもとに、今回紹介するミドルパンツの他に、ブルゾンやベストやパンツ(長ズボン)がラインナップされています。

ワークマンオンラインストアより拝借

 

多角的インプレ

 

それでは、CROSS SHIELDミドルパンツをいろんな角度で見てみようと思います。

裾口が細いからシルエットが細く見える

switchの身体ステータスは、

身長:172センチ

体重: 60キロ

体格:普通の典型的な日本人体型(胴長短足

というデフォルトのため、どうしても短パンは膝より上!裾口が細い!そしてなにより脚長シルエット!(胴長短足だからな!)に見えるような短パンではないと・・

という条件が揃わないと短パンを履こうとしないswitchにとって、膝下シルエット設計のCROSS SHIELDミドルパンツは、短パンとは思えませんでしたが(そもそもミドルパンツではないのに・・)、最近自転車通勤のおかげかお尻が肉厚になっている気がしてMサイズを選ぼうかと思いましたがLサイズを購入。

しかし、履いてみると意外にも細身のシルエット設計になってらっしゃる・・。

(Lサイズにして良かった・・)

中わた部分は防風設計素材

斜めにミシン目の線のある、若干モコモコしている部分が中わたが入っている場所です。

パンツ前面は風が通りにくい布地になっている

ちなみに、中わたの入っている部位を含んだ前面は風を通しにくい布地になっているので、機能面を考えると中わたが入っていることで保温性能を底上げしつつ防風性能も高くしているのではないかと思われます。

 

中わた以外は通気性抜群のストレッチ素材

内股部分や膝の周囲(膝のみ裏起毛付き)は通気性抜群のストレッチ素材生地となっています。

パンツ後面。膝裏あたりは通気性抜群のストレッチ生地

このストレッチ素材が搭載されていることにより、大きく動いてもしなやかに伸びるパンツに仕上がっておりますが、

内股の部分もストレッチ生地となっていて、動きやすい

switchが一番良い!と思う部分は膝周辺の裏起毛です。

一番可動する膝の部分のみ裏起毛となっているので、汗やムレによってパンツの裏地が張り付いてしまって動きにくくなるなんてことがないようになっています。

 

ポケットは左右に2つ

左右に裏起毛設計のポケットが1つずつあります。裏起毛(ポケット表面のみ)なので、ポケットに手をつっこんで歩いても温もりを感じます。やや大きめのポケットになっているので、スマホはしっかりと入ることができます。

ちなみに、おしりの部分にはポケットはありません。

 

通勤インプレ

 

正直、短パンは夏用でも冬用でも通気性抜群なので、短パンを冬用に更新しても快適性に関係ないと思っていたswitch。予想を覆す結果となりました。

 

膝の温まり方が早い!

自転車で最も可動させる関節といえば、おそらく“膝”だと思うのですが、通勤序盤や寒いとどうしても膝の動きが悪い気が・・CROSS SHIELDミドルパンツは膝下まで膝を覆えるような設計(ミドルパンツ)になっているので、膝上の短パンよりも膝の温度が冷めにくく温まりやすくなっています。

 

通気性抜群!

保温機能と防風機能搭載のCEOSS SHIELDミドルパンツですが、風が当たりやすい部位には防風機能、風が当たりにくい部位にはストレッチ機能というような設計になっているので、身体が火照るくらい温まってもムレにくいようになっています。

 

気温に合わせたバリエーションが増えた!

今までのタイツ派としてのバリエーションとしては、

①夏用タイツ+夏用短パン(レーパン)

②冬用タイツ+夏用短パン

というバリエーションしかなかったのが、CROSS SHIELDミドルパンツが加わったことで、

①夏用タイツ+夏用短パン(〜15℃)

②夏用タイツ+CEOSS SHIELDミドルパンツ(15℃〜)

③冬用タイツ+夏用短パン(〜10℃)

④冬用タイツ+CEOSS SHIELDミドルパンツ(10℃〜)

※ ( )内の気温はあくまでもswitchの目安

というようにバリエーションが2つから4つに増えました。

これが何を意味するのかというと、

①が秋用、②晩秋用、③初冬用、④冬用という具合に気温別に着こなす幅が増えたということです。つまり、暑すぎず寒すぎずという調整がしやすくなったということで、通勤の快適さが増したということです。

特に、②と④の効果は凄まじく、CEOSS SHIELDのミドルパンツで覆われている膝下から上は温かく、膝下のタイツのみの部分はほどよく冷たいので、体内の中心で温かくなった血液が足元に進むたびに冷やされて中心に戻ってくる感じで血液が巡るので、体温が上昇しにくい気がします。なんとなくではありますが、ズボンより短パンの方が長時間のサイクリングに向いているんだなと新たな一面を学ぶことができました。

なにより、1500円というコスパでタイツ派として真冬を乗り越えるバリエーションが増えたのは大きいと思います。

 

まとめ

 

買ってみたものの、そこまでの効果はないだろうと思っていたCROSS SHIELDミドルパンツですが、この商品を買って、間違いなく良い!と断言できると思います。秋冬モデルとのことですが、タイツ派の人間にとっては冬に使えます。

また、CROSS SHIELDミドルパンツ自転車通勤の他にもランニングというようなタイツ派スポーツにおいて重宝するパンツなのは間違いありません!

残念ながらワークマンのオンラインストアでは取り扱いが終了してしまいましたが、お店で残っているのであれば是非!触れてみてはいかがでしょうか!