リアルメソッド丸型両軸リール”ギネガ”でジギング!実釣結果に基づいてインプレする。

リアルメソッド丸型両軸リール”ギネガ”でジギング!実釣結果に基づいてインプレする。

それは、今年(2019年)の3月になる・・。

急にスロージギングを始めたくなった、わたくしswitchは、スロージギングモデルではないけれど、”コスパ抜群の丸形両軸リール”を購入して青物を狙うことに決めた。

ちなみに、そんなswitchの購入した”コスパ抜群の丸形両軸リール”はそもそも青物を狙うリールではなく、代表釣魚はマダイやタチウオ、シーバスなどとなっている。だから、そもそも僕が画策しているスロージギングという釣り方も僕が狙おうとしている青物という魚も、すべてのチョイスが間違っているのだけれど、切迫したリアクションバイトによってすでに購入してしまっていたのだからしょうがない。賽は投げられた。もう止めることはできない。

少しずつ冷静になりつつ思考の中で、このリールの限界を見極めることがぼくの使命なのではないかという境地に至り、自分自身でこのリールの可能性を模索することに決めた。

それが、釣具のポイントでお馴染みのコスパブランド、リアルメソッドから発売されているギネガという丸形両軸リールです↓。

釣具のタカミヤ公式ホームページ参照

以前、そんなギネガというリールの製品インプレを書いたと思うのですが、今回はギネガというリールでスロージギングができるのか?このリールの対象魚に青物は入っていないが、果たして青物の引きに対応することができるのか?どんな特徴があるのか?そういうものを自分の検証に基づいた結果として言葉にしてお伝えしようと考えております。

 

そんな以前書いた、ギネガの製品インプレはこちら↓。

(「リアルメソッド ギネガ」で検索したらswitchの記事が1番に表示されている。何気に嬉しいぞ!)

ギネガの公式HPはこちら。(クリック)

 

それでは、ギネガの実釣インプレ。書いていこうと思います。

 

検証結果①:スロージギングで使えるの?

スロージギングモデルというリールのほとんどは、ハンドル1回転で1m前後回収することのできる巻き量が可能なハイギア(HG)が主流です。

しかし、ギネガにはハイギア(HG)のラインナップはなく、そもそも右巻きのノーマル(パワー)ギアしか販売されていないので、もうこの段階でスロージギング用ではないことが明白なのですが、スロージギングができるのであれば、ギネガの可能性を広げることに繋がるので、しっかりと実釣して試してきました。

ちなみに、ギネガさんのハンドル1回転で回収できる巻量は約66cm・・。

それでもギネガさんを使ってスロージギングをやってみたのですが、普通に釣ることができました。

スロー特有のゆっくりと魅せるパターンでヒットすることもありましたし、明らかにジグのフォール中からスイッチ入ってたんだろうなっていうレベルで着底から2しゃくり目くらいでヒットするといったスローとはおそらく関係のないヒットパターンもありました。

ここで、この検証①の結果となるのですが、ギネガはスロージギングで使えます

ただし、1巻き量が約66cmなので、高速巻きやハイピッチなどの速さや小刻みな動きで魚にスイッチを入れるようなアクションは不可能だと考えてもらっていいと思います。ハイピッチにしか魚が反応してくれない時に僕(ギネガ)だけ喰わせることができませんでした(泣)。

まぁ、スローなので基本的にハイピッチなジャークははしないのですが、スローの中でもリズム的問題で軽快なコンビネーションジャークや小刻みなしゃくりで攻めたい時はもちろんありますので、バリエーションを増やす意味でも、ハイギアである方が有利だと思います。

 

検証結果②:トルクは?パワフルなの?

switchは基本的にスピニングのジギングをメインとしており、フラグシップ級の両軸リールを使ったことがないので、ギネガという両軸リールを他の両軸リールで比較することができないのですが、ギネガというリールがノーマルギア(だけしか展開されていない)ということもあり2〜3キロの青物はポンピングなしにラインを回収することができました。

ダイワさんのスピニングリールのキャタリナ5000(ノーマルギア)をメイン機として使っているswitchですが、印象としては、ギネガはキャタリナよりもパワーのある巻きでした。

ただし、青物の重量が5〜6キロのヒラマサやブリとなると、魚のシルエットも大きくなる分、引き抵抗も必然と上がり、魚もかなりパワフルになるので、魚のあたまを上に向けた方が当然巻き上げやすくなるので、ポンピングをした方が素早くラインを回収できますが、ポンピングしなくても回収できるパワーを持っているのではないかと思いました。

 

検証結果③:ドラグ性能は?

最大ドラグは7kgのギネガ。ダイワのジギング入門機のヴァデルさんの最大ドラグが8キロなので、勝手な想像で青物もいけるだろうと思い、スロージギングをやってみたのですが、一度ラインを出されてしまうと結構な量を出されてしまう結果になりました・・。

要検証が必要だったので、ドラグを結構キツめに設定したり、体感でスピニングのドラグ設定と同じくらいに調整しても、2〜3キロの青物の引きでも止めることができませんでした。つまり、最大ドラグは強くても、実用ドラグ(ドラグの効き)がいまいちということです。

青物を対象としているリールではないのでしょうがないことなのですが、このくらいだったら2〜3キロの青物でもドラグが出されないかな?と思って設定した初期ドラグ設定でも、船底が見えるようになった頃合いやランディング時にギュンギュンスプールが逆回転して走られてしまう印象が残っています。

6キロのヒラマサさんが釣れた時も、ファイト中は全然ドラグ効かねぇ・・って印象だったし、5キロのブリさんの時なんか、全然ボトムから引き剥がせなかった・・。ラインを回収しては出されてっていうようなことではなくて、相手(青物)の走りたい時に走れることができるという意味で、序盤から中盤にかけての主導権が魚にある感覚です。

状況によりけりですが、5〜6キロの青物相手にこの実用ドラグは絶望的だと思いますし、ダイワのATD(オートマチックドラグシステム)やUTD(アルティメットトーナメントドラグ)、シマノさんのRFD(ラピッドファイアードラグ)やRSD(リジットサポートドラグ)そんなドラグシステムの有り難みを痛感しました。

 

検証結果④:ラインキャパはどう思う?

ギネガはPE1.5号が290m巻けるので、オフショアでは1.5号をメインで使うことになると想定されるのですが、switchは2号を200mほど巻いて検証を行ってみました。

どのメーカーもPE1.5号って10kgのパワーには耐えられるようになっていると思うんですね。あくまでもデータ上の話ですが・・。

デュエルさんのPEラインのハードコアを参照

それに加えてショックリーダーもあるから、一瞬のパワーにも耐えつつ、魚のベクトルをいなしたり制御したりできると思うのですが、ドラグ性能がいまいちなので、2号+ショックリーダーというラインシステムの前にドラグがダダ滑りするので、2号は必要ないかな?と言った感じです。なので、1.5号を約300m巻いた方がどのフィールドでも活躍できるんじゃないかな?と思いました。

 

まとめ

対象魚がシーバスやマダイやタチウオ用のギネガというリールを青物用で使うことができるのか?という今回の記事。

上記に記載した、①から④までの検証結果の総まとめになりすが、ギネガはスロージギングというよりは、ライトジギングに使える!という検証結果に至りました。なので、switchのようにギネガを青物用両軸リールとして購入検討している人は、しっかりとドラグ性能のある両軸リールを購入した方が、不意の大物や取りたい魚を取れるようになると思われます。

最後に、ギネガのポイントをおさらいします。

あくまでも2〜3キロ前後の青物を狙うような近海ジギングまでは○

5kg以上の中型青物が出る海域で漁礁や根があるような場所ではNG!(ドラグの効き×)

タイラバやライトジギングをするならオススメ!

巻きはパワフル!女性でも巻きやすい!

ドラグの効きが滑るので、PE2号は持ち腐れ。1.5号で充分!

と言った感じです。

検証するに至り、良い印象も悪い印象もありましたが、それでも丸形両軸リールが1万円で買えるのは嬉しいですよね。是非、用法容量を守ってギネガを使ってみてはいかがでしょうか?