【ニコレスで禁煙成功】〜禁煙11ヶ月目突入〜現在の心境を語る。

【ニコレスで禁煙成功】〜禁煙11ヶ月目突入〜現在の心境を語る。

本当は・・。

本当は、節目である7ヶ月突入(半年終了!)の時期に記事にするべきだったと思うんですけど、書けなかった(忘れていた)ので、改めて11ヶ月目突入!という節目ではない時期になってしまいましたが、書いていなかった半年記念記事で書こうと考えていた禁煙して今一体どんな状況なの?という記事を書いていきたいと思います。

・・が、禁煙チャレンジ記事の前に、(・・なんだか、上から目線になってしまうかもしれませんが・・)僕がどうやって喫煙をストップすることができたのかというと、“ニコレス”という茶葉を乾燥させた葉を紙に詰めたアイコスタバコ風禁煙ツールを使うことで禁煙にチャレンジし、時期的に十二指腸潰瘍の痛みやピロリ菌をやっつけようとしていたことも禁煙チャレンジへの追い風となり、無事に禁煙を開始して継続10ヶ月が経過した!・・となりました。

詳細にあっては↓の記事を読んで頂けたら理解して頂けると思います。

それでは、禁煙チャレンジ11ヶ月編を書いてみようと思います。

 

現在の喫煙欲求はどうなの?

 

これが本能的欲求なのか理性的欲求なのか分かりません(・・おそらく理性)が、11ヶ月に突入した今でも「吸いたい!!」と思っていることは間違いありません。

なので、この喫煙欲求から逃れることができず、これから僕が生きている間ずっと続くんだろうなと考えています。タバコを吸わない人には理解できない永続的な呪いのようなものです。

ただ、どうしてこれだけ喫煙欲求を否定し続けられるのかというと、一つはニコチン中毒からある程度解放されて理性で制御できるようになっているということの他に、もし次にタバコを吸ってしまったら僕は二度と禁煙できないだろうというマイナスな自負を自覚しているからです。

日常のどこかで、かならず過剰にストレスを抱え、その度にタバコ買ってやろうかと・・セブンスター買ってやろうかと・・ZIPPOライターで火をつけたタバコを今吸ったらめちゃくちゃうまいだろうなと・・想像はそこまで到達していくのですが、吸うことはありません。

 

4ヶ月目突入の記事を読み返して、変化したこと。

 

ここでは前回の記事と今を比較して、何が変化あるのかを書いてみようと思います。

 

11ヶ月目に突入した現在の方が喫煙欲求は高い!

間違いなく、油断と慢心によるものでしょうが、あの頃にはなかった「一本吸ってもすぐに禁煙できるだろう・・」という意識が芽生えています。

タバコがない時間の使い方、ストレスの向き合い方に慣れる!

4ヶ月突入記事では、時間の使い方やストレスの逃し方がわからないと書いていましたが、11ヶ月目に突入した今となって改めて考えると、”どうしていいかわからない”というストレスがなくなり、それがなくなっただけで、時間の使い方がわからないことに慣れ、ストレスの逃し方に慣れてしまったと思います。

例えばですが、仕事において、気分転換や集中力を上げるため、一つの流れと流れの間には必ずタバコが存在していて、4ヶ月目ではタバコがないことでどうしたらいいのか分からなかったのですが、今となっては意識しなくても気分や思考の切替えができるようになってしまったと思いますし、ストレスも同じように、ストレスが溜まる→タバコを吸う→ストレスを解放する。ということでその間にはタバコが存在していたのですが、タバコがなくなったことで、ストレスはタバコがなくても勝手に消えたり増えたりすることを知りました。タバコがない世界に慣れたということです。

ちなみに4ヶ月記事では自信がつく!とも書いていますが、それにも慣れてしまって、この状況が当たり前になっています。

 

11ヶ月目突入になって振り返る、新たな変化は?

 

息切れが減った!・・気がする・・。

明確な自覚ではありませんし、そもそも禁煙チャレンジとほぼ同時期に自転車通勤に切替えたので基礎体力はあの頃よりも今の方があるだけなのかもしれませんが、これくらい走ったら息が切れるんだろうな・・と思っていても息が切れなかったり、息切れからの通常呼吸への戻りが早い気がします。

喫煙欲求から解放されることはない!

少し前の文章でも書きましたが、タバコが吸いたい!という意識から逃れることはありません。すごくショックです。徐々に喫煙欲求から解放されていくんだろうな・・と、期待していたことも助長されているんだとは思いますが、まさか一生喫煙欲求と向き合っていかなければならないとは想像していませんでした。

購買意欲が増した!

増したといってもお小遣いの範囲内ですが、今まではお小遣いの中からタバコ代を捻出していたのですが、タバコ代を捻出する必要がなくなったことで自由に使えるお金の余白が広がったことや、所持していたマイカーを売ったことで維持費の何割かをお小遣いとしてもらえるようになったこともあって、欲しかった釣り道具を喫煙時代よりも短期間で買えるようになりました!

 

まとめ

11ヶ月目突入という節目ではない記事ですが、日数計算すると約300日ということで、もしかすると節目なのかもしれません。

とりあえず、せっかくなので(計算しやすいので)どれくらい禁煙効果(円)があったのかというと、1日で約10本程度吸っていたと思うのでタバコ1箱(20本入)500円計算として300日換算すると、現時点で約75,000円ほどタバコにお金を使わなかったことになります!!その結果、75,000円+お小遣い10ヶ月分ほど欲しかったモノを購入している訳になります。

そんな、11ヶ月突入記事、いかがでしたでしょうか?

僕がサラリーマンであるということ、二児のパパということもあり、好きなモノを選んで買えることはあまりにも少ないので、禁煙による費用対効果をお金に表したり、今買った釣り道具は禁煙していなかったら買えていなかったんだと思うと、本当に禁煙して良かったなと実感します。

また、今でも思うことなのですが、タバコを憎むことが禁煙の秘訣だったのではないかと思います。興味本位やストレス解消を目的として吸い始めたタバコですが、そのせいで僕の場合は10年以上も吸い続けていた訳ですから・・(お金換算するとどうなるのだろうか・・)。憎む対象だと思います。

次回は1年という節目に新しい記事を更新すると思います(果たして・・)が、これからも禁煙にチャレンジしながら経過を記事にしようと思います。読んで頂きありがとうございました。