祝!100回記念!!何だかいろいろあった気が・・とにかく今後の展望を語る!

祝!100回記念!!何だかいろいろあった気が・・とにかく今後の展望を語る!

どんなベクトルで記事を書いてみようか・・。

文書を書く技術や広く言葉のバリエーションを持っていないにもかかわらず、これを書きたいあれを書きたい、こう書きたい・・こうすればもっと良くなるんじゃないか・・そんなことを考えながら記事の絵空事にふけるswitch。この構想段階の時間帯がブログ記事を作るにおいて1番楽しい状況なのかもしれないと思う今日この頃でございます。

そんなことを考えながら100回記念の、この記事の原案を模索していたら、釣友からLINEが飛んできた。

これはもしや、釣りの誘い・・もしくはひらめきのヒントになるのでは・・そう思いながら、釣友の文書を読んだところ・・。

「switch氏・・ブログのスペル・・間違えてますぜ!!」

brog✕   blog◯

「おぉ!!ホントだ!!」

100回目にして、「brog」から「Blog」へとトップページの表記変更したswitchであります・・(汗)。(そうだ!!・・これはもう・・ネタにして紛らわそう!!)

そんな100回記念記事・・。切ない・・。恥ずかしい・・。しかしネタにはなったわけで、前略的要素が書けたということもあり、兎にも角にも、今まで記事を書いてきた経験のなかで、記事を書いて良かったこと悪かったこと、状況なんかを整理しながら書いてみようと思います。

それでは、正しいスペルに変更したところで、さっそく振り返ってみようと思います。

 

釣行記録が減速・・そして、読書記録は消滅・・

長女が生まれて夫婦関係が低下しない程度に育児をしつつも、最低でも月に1回はオフショア釣行に飛び出し、読みたい本はしっかりと読むことができていたswitch。

当時、我々の家族の一員として次女が誕生したばかりではありましたが、そこにブログという”言葉を書く”という時間が加わっても、何ら支障はないだろうと思いブログをスタートさせたのですが、2人で1人を育てる育児と2人で2人を育てる育児が全くもって別物の別次元であることを思い知り、釣行回数が激減・・まったく本が読めないという事態に陥り、さっそくブログストップの危機に直面します。

途中経過は割愛しますが、あらゆる挫折と苦悩と葛藤の結果、自分勝手に釣行日を決めることがなくなり、妻の機嫌を伺い、時間に余裕があったら読書をしようというスタンスに変化したことで、読書記事が消滅することになりました。

 

禁煙記事を投稿し反響にビビる・・

釣りと読書を軸としてスタートしたswitchブログ・・にも関わらず、書きたい!と思っていたはずの記事が序盤から書けない日々が続きます。

せっかくスタートさせたブログをいきなり頓挫なんてさせたくないので、背に腹は代えられない状況が指し迫ったということもあり、釣行記録ではありませんが、このリール良かった、このルアー良かった、というような釣行記録に関連した派生記事を書いていくことになります。

そんな派生記事のなかで、興味半分に購入したスルメデスというジャッカルさんのトレーラータイラバでマダイを使ってマダイが爆釣したことがあったので、スルメデス目線の記事を書いたことで、今まで書いていた自己中心的記事では考えられていないほどの閲覧数があったこともあり、そこで初めて見知らぬ誰かが僕の記事を読んでくれているという認識を持ちます。

検索結果で、自分の記事が上から何番目かにあったりすると、

僕の稚拙な言葉の羅列でも順位付けされるんだ・・と認識するようになりました。

 

しかし、クオリティを上げるべく、試行錯誤を繰り返すたびに、時間を掛けて派生記事を書いていくごとに自分らしさが出ていないことに気づきます・・。

僕にとっても自分らしさがどんな”らしさ”なのか具体的に表現することができないのですが、とにかく記事を書かなければ・・!と思うあまり、自分が面白いと思って書いていないということが原因なんだと思うのですが、僕は一体なんのために書いているのか分からなくなった時期がありました。

 

とにかく、あくまでも僕の目線で自分が今書きたいと思っているものを。他人と比較しない。そう決め込んで、徐々に釣りや読書以外の内容も記事に書くようになりました。

そこで生まれたのが禁煙記事になります。

ネットの世界のなかに、たくさんの禁煙記事がありますが、あくまでも僕目線にこだわって、”こんな僕でもタバコを辞めれた”、”タバコを吸わなければこんな状態になる!”、”こうすればタバコはやめられるはず!”というような記事を書いたところ、今まで知人が読んでくれているんだろうな、と思っていた閲覧数が急に伸び、収益に結びつくようになり、クオリティを落としたくない!という思いが強くなり、ブログとの結びつきが強くなったのもこの時期だったんじゃないかなと思います。

 

書きたいのに時間がなくて書けない・・いや、何でも記事になる。

言い訳なのは分かっていますが、スタンスの問題ですが、浮ついた感じで言葉は書けないswitch。時期的にマイホーム購入の時期になりますが、マイホームで考えなければならないこと(ほとんどは配慮)で削られて、ブログにあてる時間すらなくなってしまいます。

マイホーム購入後にやっと精神的に落ち着いてブログ再開に至りますが、言葉を書くことで何かしらの精神の安定になっていたことを改めて実感することになりました。

 

そして100回記事へDIY企画スタート

戸建住宅に一切の興味もなくスタートした戸建生活ですが、相変わらず釣り運には恵まれず、オフショア釣行は1月からすべて欠航・・。結果、釣行記録なんて書けないから別の記事を書くことになるのですが、たまたま、水はけの悪い庭を見てどうにかしたいと思ったことで改善方法を模索するうちに僕でもできるのではないか・・?(記事にできるのではないか・・?)

ということがキッカケでDIYに目覚めてしまいました。

釣りに行けない休日の過ごし方

現在のところは我が家の水はけ改善DIYを優先していますが、今後はそれを記事にしたりモノづくりに挑戦していこうと考えております。とにかく、暑い真夏を迎える前にあらかたやらなければならないモノづくりに挑戦しようと考えております。

 

もっと自分なりの価値観に基づいた言葉を書きたい

“見られている”、”読まれている”という意識をなくして、switchという素人目線で物事を書くことができれば、もっとこのブログが面白くなるのではないかと考えています。

しかし、読んで欲しい人に届かせるには、それなりの人を寄せつけるキーワードが必要になると思いますし、読んで欲しい人に読んでもらえなかったら意味がないですし・・。読んでもらおうとすると自分らしさがなくなるのではないか・・というジレンマはありますが、もっと言葉を読むことが面白いと思ってもらえるようなレイアウトや言葉使いを模索していこうと考えています。

 

まとめ

読んでくれる人がいなくても、文章は書きたい。そう持っていた僕ですが、誰かが僕の記事を待ってはいなくても、いつかどこかで読んでくれる人がいる。そう思えることがどれだけ僕の日常のメンタルに影響を及ぼしているのか、あらためて知ることができました。

おそらく僕は言葉を書くことが好きなのだと自覚することができましたし、言葉から離れて生きていくことはおそらくできないのだろうとも思うようになりましたし、言葉を書くことでメンタルが中性へと中和されていくことも自覚するようになりました。僕にとって言葉とは、いわゆる、僕なりのストレスの発散方法なのだと思います。言葉を書くことが辛いことも多々ありますが、言葉を書かないほうが辛いんだとも思います。

ブログによって、何かを失ったのかもしれませんが得たものも大きいと思います。どちらを選択するにせよ、やはり、自分が選んだものにしか自分を賛同させることはできないので、最終的にブログに出会ってよかったと思います。

今後とも、稚拙な記事を書いていくとは思いますが、これからもよろしくお願い致します。