Spotify有料会員になる。システム説明は割愛して、音楽との向き合い方がどう変化したのか書いてみる。

Spotify有料会員になる。システム説明は割愛して、音楽との向き合い方がどう変化したのか書いてみる。

この世の中には、音楽ストリーミングサービスというものがある。

いわゆる、”音楽サブスク”とも言われている定額制で提供されている音楽が聴き放題というサービスなのですが・・。

実はswitch・・マンガ本は漫画喫茶に行くより買って集めたうえでゆっくりと読みたい方で、音楽は買って聴くものだという意識があるし、小説は図書館で借りるより買ってから読みたい!というような元来コレクション派なので、音楽ストリーミングサービスのように自分のモノにならないサービスは、年齢を重ねるごとに音楽を聴かなくなったことも並行起因して利用しないんだろうな・・と考えていたのですが、友人のオススメに推されるように音楽ストリーミングサービスを利用したところ、めちゃめちゃ良くて音楽との向き合い方が大きく変化したので、自分なりに音楽ストリーミングサービスによってどんなことが変化したのか書いてみようと思います。

 

どうしてSpotifyの有料会員になったの?

日本には10社以上の音楽ストリーミングサービスを行っている企業があるようで、代表的なところで言えば、AmazonMusicUnlimitedAppleMusicLINE MUSICなどの企業があって、それぞれの企業によって邦楽に強い!とか洋楽に強い!とか傾向特徴が違っているようなのですが、その中でもswitchはSpotifyの有料会員です。

購入派だったswitchですが、月に何曲か音楽を購入するのですが、その合計金額が定額制を選んだ方がコストが掛からないということも音楽ストリーミングサービスを利用した理由の一つですが、そもそも、どうしてSpotifyを選んだのかというと、完全に音楽好きの釣友からSpotifyを勧められたという理由一択なのですが、Spotifyのキャッチコピーが”音楽発見サービス”とうたっていたということも選んだ理由のひとつだと思っています。

Spotify公式HPより引用

今まで聴いてきた音楽をひたすら聴くのも最高なのですが、新しい音楽に出会うことも一つの音楽の楽しみだと思います。

とくに、自分にドンピシャな音楽って価値観の変化や時間の変化によって変わらないものもあるけれど少しずつ変わっていくと思っているので、新たな出会いを期待していることは間違いないと思います。

ちなみに、AppleユーザーはAppleMusic一択らしいのですが、switch・・iPhone3からずっとiPhoneを使い続けている歴戦のAppleユーザーでございます・・。それなのに、Spotifyを選んだのは、iTunesのGenius機能(コンピューターが自動でオススメを選んでくれる機能)があまりにもポピュラーな音楽しか選んでくれないからSpotifyを選んでみた。ということもSpotifyを選んだ理由の一つです。

 

まずは無料版を楽しむ!

無料版では特定の曲だけを選んで音楽を楽しむことはできませんが、Spotifyが作成した公式プレイリストの中からシャッフルで時間無制限に聴くことができます。

僕の解釈ですが、有料版を勧めるCMが流れますが、個人的なBGMとして音楽を利用するには無料版で良いと思います。

例えばですが、宇多田ヒカルさんの音楽を作業用BGMとして聴きたいと仮定します。

その場合、宇多田ヒカルさんのアルバムごとや、提供されている宇多田ヒカルさんの全ての音楽全体をシャッフルで楽しむことができます。ラジオ機能なんかもありますが、BGM感覚で音楽を聴くのであればスキップすることなんてないと思うので、そういう感覚で音楽を聴くのなら無料版で充分だと思います。

 

無料版と有料版との比較

ここでは無料版から有料版に切り替えて、どんなことが変化したのか機能やその機能の感想を書いてみようと思います。

音質レベル”最高音質”が選べる!

正直なところ、何が良くなったのか具体的に分からないけれど、なんだか音がキレイになって聴きやすくなった気がします!

スキップが無制限!

無料版では回数制限があって、それ以上の音楽をスキップすることができなかったのですが、有料版では何度でもスキップすることができます。

CMがなくなる!

無料版では次の曲に切り替わるタイミングでCMが入っていたのですが、それが有料版になると一切なくなります。

自分のプレイリストが作れる!

自分の好きな歌を組み合わせて自由自在に音楽が聴けるようになります。例えば、洋楽ロックの自分のお気に入りだけを聴きたい場合はそのプレイリストを作成(後に編集することも可能)して音楽を楽しむことができます。

radio機能が秀逸!

最初に好きな曲や好きなアーティストを選ぶと、そのテイストに似た曲をエンドレス再生してくれる機能なのですが、しっかり同じテイストのプレイリストを作成した後に、そのプレイリストのラジオ機能再生をすると、プレイリストのテイストに似た曲を再生してくれます。つまり、何が言いたいのかと言うと、今ドンピシャなプレイリストを作成した場合、同じテイストのドンピシャなテイストを再生してくれるということです!

この機能のおかげで、新たなドンピシャアーティストを知ることができたし、音楽の世界をかなり広げることができたと思います。

超メジャーアーティストの音楽が増えている!

僕がSpotifyを利用してからですが、それまでストリーミングできなかったスピッツの全音楽が聴けるようになったり、サザンが聴けるようになったり、Dragon Ashが聴けるようになったり、(妻の好きな嵐が聴けるようになったり)と、今まで音楽ストリーミングできなかった音楽がたくさん聴けるようになっています。

有料版を利用している身からすれば、今の料金プランのまま新たにストリーミングに加わった超メジャーアーティストの曲をたくさん聴けるのはお得感満載です。

音楽嗜好が変化する・・

定額制の威力と言っても過言ではないと思うのですが、今までの音楽って部分的な視聴しかできなかったじゃないですか?

例えばですが、switchはAppleユーザーなのでiTunesのことしか書けませんが、この音楽を聴いた人にオススメ!ってことで同じようなテイストを紹介してくるんですよね。でも、せっかく興味があっても部分的な視聴しかできないので、その音楽がどのくらい素晴らしいのかが分からないんです。結局、その音楽を購入しないとその曲がドンピシャなのかが分からないということを言いたいだけなのですが、それが、こういう音楽ストリーミングサービスが世界に参入しはじめて、知らない曲でも同じテイストの曲でも、フルで料金が掛からずに聴くことができるんですよね・・。これって本当に凄くないですか?

 

このおかげで、好きな音楽を原点にして新たな音楽を聴くようになって、自分がこういう音楽が好きなんだという認識に繋がりました。間違いなく、Spotifyを利用していなかったらこんな発見はなかったと思います。

 

まとめ

音楽ストリーミングサービスを利用するべきか。ということをここで書くのですが、ぼくはiTunesで毎月1000円以上(4曲以上)の音楽を購入していたということもあり、だったら定額制の音楽ストリーミングサービスを利用した方がコスパ良くないかと思い利用を始めました。費用対効果的にぼくは圧倒的にやってよかったと思っています。むしろ、なんで早く利用しなかったんだという思いも・・。

正直なところ、加入当初は聴きたい邦楽アーティストが少ない気がしていて不服だったのですが、新たな音楽の発見はそんな不満すら凌駕するレベルで、日頃のメンタルの向上に役立つことを知りました。

朝の通勤で音楽を聴く。帰りの通勤で音楽を聴く。車を運転している時も音楽を聴く。気分を変えたいとき、気持ちを高めたいとき、ぼくは音楽に支えられて生きていることを実感します。常に支えて欲しいのに、いくら好きな曲でも聴き過ぎればマンネリに陥る。そういう気分の低下を音楽ストリーミングサービスによって抑えられるのは、日常がとても明るくなった気がします。

結論ですが、音楽が好きなら絶対に利用するべき!と思います。もっともっと音楽が好きになりますよ。

以上、switchの音楽ストリーミングサービスのススメでした!