長女と楽しむのべ竿チャレンジ!〜離島編〜

長女と楽しむのべ竿チャレンジ!〜離島編〜

本日は長女の運動会・・。

コロナ禍のなかでかなり制限のある運動会でしたが、親としては、こんな状況下で運動会を開催してくれた園側には本当に感謝しかありません。長女が頑張っている様子を見れて感動するswitchでした。

そんな、運動会が終わった帰り道の車内でのできごと・・。

「パパ・・昨日○○島行ったんでしょ・・?」

昨日の夕方、長女が保育園から帰ってきたとき、僕がアジをさばいていまして、そのときに確かに○○島へ行ったことを話したのですが・・。

「ずるい・・(自分の名前)も行く・・」

どうやら、自分を置いて釣りに行ったのが非常に嫌だったご様子・・。

「いや、今日は君・・運動会終わったばかりじゃないの・・」

「パパだけずるい!」

妻の顔をみると、行ってもいいよとの顔色・・。

妻よ・・。さては家に帰ってお昼ごはん食べたら次女とお昼寝する気だな・・。

という勘繰りはさておき、せっかく釣りに行けるのなら今度はしっかり釣らせたい・・。

ならば・・島だ!

結局長女の願いを叶える形になってしまいましたが、離島へ行くことに決めました。

ちなみに、いつも通っている離島は土日だと観光客が多いのでパス・・。

よって、いつもの離島の次に家から近い離島へ行くことに決め、通り道にある釣具屋さんでエサを購入し、無事にフェリー乗り場に到着です・・。

運動会の疲れで道中ねむっていた長女ですが、大きなフェリーを見て大興奮!続けて、船から見える景色にテンション爆アゲ!!

こどもに新しい経験をさせてあげることができて、本当にパパとして嬉しい。

こういう経験を少しでも多く与えることができれば・・。

展望エリアで風を浴びながらそんなことをしみじみ思うswitchでした。

フェリーから降りて、さっそく釣り場を探します。

お昼からのエントリーで、しかも最終便の時間まで残り3時間くらいしかないので、遠くにはいかず、なるべく安全で足場のよいところを探していると、潮通しは悪いですがこどもとの釣りに適した場所が見つかったので、そこで釣りをすることに・・。

「パパ?あのさかな何?」

海の底が見える・・これぞ離島クオリティ・・。

「あれ?あれはね、スズメダイだね・・」

長女は表層を悠々と泳ぐスズメダイの大群に嬉しそうですが、さっそく餌取りが待ち構えていることにちょっと残念・・。

しかし、長女には餌取りだろうが外道だろうが関係がありませんので、何でも釣ってみようと思い、小さな五目用のハリにオキアミを付けて延べ竿でウキ釣りを開始したところ一瞬でウキが沈んだ・・。

さっそくスズメダイさんがヒットしてくれました。

その後・・switchが冷凍アミと集魚剤を混ぜ混ぜしていたところ、

「重い・・パパ、このさかな・・重い」

との声・・。

竿はのされていないので「がんばれー」と言いながら良型のベラが掛かっていることを確認、前回やったのべ竿チャレンジでは10センチ級の魚が釣れなかったので、今掛かっている10センチ超えのベラの引きに驚いたのでしょう。

しっかり引き味を楽しんだところで素手でラインを引っ張って無事にキャッチです。

ベラくん・・引き味を楽しませてくれてありがとう・・。

変な色ぉーっと言いながら観察したい様子の長女でしたので、バケツに入れてキープです。

準備も終わったので、海況を確認したところ、水面にはスズメダイや小さなトウゴロウイワシ、中層では豆アジがちらほら・・。

前回と違い豆アジがいるだけでも嬉しい・・。さすが離島・・。どうにか長女の釣りの隙間でアジングができればよいのですが・・。

岸壁のキワではベラやクロ(15センチクラスのクロまでいる・・)がいて、見える限りの釣り人をひととおり確認すると、適度にゆっくりとアジが釣れています。

僕らのところにも中アジが回ってきてくれることを願いつつ、長女が楽しみにしていたコマセタイム(エサやりタイム)を見ながら写真でも撮ろうとしていたところに、海面が爆ぜる・・。

ん?ボイル・・?

シーバスかな?と思いきや、どうやらメバル・・の模様・・。

しかも良型が数匹、小さな根を縄張りのようにしてじっとしていますが、そこから瞬間的な速さで表層へと浮上してコマセを食べに行ったり来たりしてらっしゃる・・。

もしかして・・もしかすると、このメバル・・釣れるかもしれない・・。

一旦、長女のコマセタイムをストップし、自分が柄杓を代わりにもって餌取りを遠くへ散らし、長女に釣りをさせてみると・・あまりウキ(のべ竿)を動かさないように言ってるのですが、コマセを食べている小魚に気を取られ、そのときにのべ竿が動いて・・もちろんウキも動いて・・最終的に海中のオキアミも動いた・・。

その瞬間、メバルが勢いよく近づいて来て・・喰った!

怪我の功名というのでしょうか・・とにかく、サイトで喰う瞬間が見えて興奮のswitch。そして「なにこれー」と、驚きつつもしっかり竿を立てて20センチ級のメバルの引きに耐えている長女・・。

ずっと見ているつもりでしたが、若干、今まで体験したさかなの引きの中で一番の引きに怖くなってきているようなので、補助に入って無事にキャッチ・・。

デカイ・・。

25センチはなさそうですが・・23くらいは確実にありそうな良型のメバルをゲットです。

 

時間がだいぶん迫ってきたのですが、コマセがたくさんあって最終便の出発時刻までには使いきることができない・・。

長女にごはん(こませ)タイムか釣りを選んでもらったところ、コマセタイム(即)だったので、長女には釣りではなくコマセタイムをお願いして作ったコマセを片付けてもらいながら、自分はアジング開始です。

最近、やっとジグ単の釣り方を覚えつつあるので楽しい・・。誘いを入れてステイ・・誘いを入れてステイを繰り返していると、ステイ中に小さなアタリをキャッチしたのでアワセると乗った!!

念願の豆アジさま!!

このさかなを釣りに離島へ来たのです!!

サイズを上げることはできませんでしたが、念願のアジを長女へ見せることができました。

今回は釣れた良型のメバルと豆アジを持って帰って、長女のリクエストの刺し身をつくってみました。

長女・・どんだけ刺身が好きなんだろ・・。

メバル・・めちゃうめ!!

まもなく旬を迎えるメバルさん・・せっかくアジングを学んでいるのでメバリングに興味を持つswitchでした・・。

今年は尺アジの他に尺メバルも釣ってみたい・・。