未だ観ぬ青物を求めて・・離島遠征!

未だ観ぬ青物を求めて・・離島遠征!

先日、オフショアガチキャスティングにてラインブレイクという痛恨の痛手をメンタルに負ったswitch・・。

いつどこでもどこかの日常の隙間にそのときの情景が溢れて止まらず、まったく完治しないのであります・・。むしろ化膿しているような状況でして・・。

↑そのときの釣行記録がこちら↑

結局のところ、またオフショアキャスティングで大きなヒラマサをキャッチしないと満たされないのかもしれませんが、それだけの大きな欲求なので、たとえ満たされたとしても我が食欲のように満たされては空腹を繰り返すののだろうし・・。

ただ、今・・どんなに・・なによりも青物に恋い焦がれているのは間違いのない事実。満たされていないのであれば満たすのみ・・。

いくぞ・・いざ、離島へ。

 

スタートフィッシング

本当は少し前の便で到着したかったのですが、いろいろと諸事情があって最終便で到着。

到着したときにはすでに夕マヅメを過ぎており真っ暗・・。

アジの時合い終わっただろうな・・とかなり残念に思いながらキャンプポイントへ到着・・。

釣りの前に荷物を少なくするためにテント設営から開始します。

設営中にふと海面を覗くと何かのさかなの群れが表層まであがってきてる・・。

これはもしや・・メバル・・?

泳ぐというよりは漂っているので間違いなくメバルだろうと思い、テント設営を終えてからアジングロッドを手にとって表層をプラグからキャスト。

表層を引くからプラグもさかなも見えるのですが、チェイスまではあるけれど乗らない・・。次にジグ単に変えてもう少し下の層を漂わせているとヒット!

離島ファーストフィッシュはメバルさん!

浮いているさかなの正体がメバルさんだと確定でした!

しかし・・メバルさん・・ライズはありませんが表層で何か食べているようです・・常夜灯に集められたプランクトンでも食べているのでしょうか・・。

プラグで釣りたいのですが、ジグ単にしか反応してくれませんでした・・。

それに、サイズはまばらで12〜18センチくらいでキープしたいサイズまで到達しないようなので、続けてアジを狙うべく、前回残念ながら猫に食べられてしまった尺アジポイントへ到着し、アジを狙います。

ただ・・前回よりも風がないので釣り易いのに、なかなかヒットしてくれない・・。

これは予想外過ぎました・・。

離島でも釣れないことってあるんだ・・。ちょっとずつランガンするも釣れず、いつのまにかメバルポイントへ戻ってきてメバルさんに癒やされつつサイズアップを狙います。するとアジさんが釣れた・・。

きみ・・メバルさんにまじって一体なにしてるの?

兎にも角にもようやくアジさんをゲットしたので、かなり興味があった泳がせ釣りスタートです。

ドラグをゆるゆるにして、何か反応があったらドラグ音が知らせてくれる仕組みにして、付近でアジorメバルを狙いますがメバルしか釣れません。二刀流のデメリットでしょうか・・泳がせ竿が心配で別のエリアになんて行けません。

とにかく泳がせ釣りをしつつ、デカメバルを狙うべくワームの大きさを大きくしたり、活性のある個体を狙うべくプラグに挑戦したりしてみますが音沙汰なし・・。完全にさかなを模したワームだと喰ってきません・・。

釣れないことで考える・・いろいろと熟考しながら次の策を考えていたところ、ドラグ音が!!

時々、アジさんのダッシュによりドラグ音が鳴っていましたが、今のドラグ音は似ているようでちょっと違和感・・。ロッドに触れてアジの生命反応を確認しますが、アジが泳いでいる反応を感知したので食べられてなさそう・・。

このまま放置して様子を見ていたところ、左右前後に動いていたアジさんでしたがあの違和感以降、ずっとラインを張った状態で沖でステイしている・・。

もう一度アジさんの反応を確認しましたが、ラインから伝わる生命反応がなかったので、もしかすると根魚に食べられたのでは・・と思いラインを張ってとりあえず軽くアワセるものらず・・回収してみたところ・・なんじゃこりゃ!!!・・かじられとる・・。

違和感の正体はイカがアジさんを抱いたためだと判明・・。

正体はイカのようだったので、エギングで狙うも釣れず・・。不甲斐ない結果となってしまいましたが、夜の部終了、未明の青物狙いにエントリーするべく就寝することに。

釣友からオススメされた離島読書を実践・・。最高だな。

疲れもありましたが、離島に来た開放感もしくは優越感でしょうか、ただただ興奮しているのでなかなか寝つけませんでしたが、40pくらい読んでいると気がつけば寝ていたようで時計をみると4時00分・・。

残念なことに起きた原因が人由来で隣のサビキ師のたんを吐く音で目が覚めました。もう少し眠ろうかと思いましたが、早く青物ポイントまでエントリーしたかったので、このまま起きてさらに荷物を軽装にして残りはテントの中に置いて出発です。

 

暗闇の道中、11月中旬にも関わらずイボガエルが道路にいたり、草むらの細道で転んでスネを強打(ロッド&リールは無傷)したりしましたが、無事に到着。

朝マズメまで時間があるので未明編スタート。

まずはジグ単から。およがせロッドも持ってきているので、もしここでアジが釣れればよいのです・・が・・全然釣れないのでじっと黄昏れていたら、足元でカニ発見。

試しにカニをエサにしてジグ単で底をトレースしたところ・・グググ・・マジか!1投目でヒット!なかなか引く・・。

さかなの正体は良型のアラカブさん!

しかも尺アラカブ・・。

それにしても・・カニの威力すごいな・・。

ようやくキープ対象に嬉しくて釣友へLINE。

またカニさん(これからは”さん”付けで敬意)をエサにしようと探しますが、空がぼんやりと明るくなってから姿を消してしまい確保できません・・。

あれだけ暗闇のときは外に出ていたのに・・。ようやく、1匹のカニを発見しますが、アタリのあとにすぐに根に入られてラインブレイク・・。尺アラカブさんでもかなり引きましたが、今回のさかなはもっと引きました・・。

再びカニを探すも確保できず、それに、空が少し明るくなってきたので朝マズメ編の青物狙いに切り替えます。

まずはラピード190Fから。

ちなみに、前回のオフショアガチキャスティングで掛かったルアーの同サイズで色違いです。ロックショアをやってる友人から血みどろイワシカラーが良いよと言われ購入したカラー。釣れてくれ!!

・・ひたすら投げ倒していると、陽が完全に昇り朝を迎えました。

もう表層は出ないだろうと思ってラピード190Fからリライズ130Sにチェンジです。

ヘビーシンペン?になるのでしょうか。

中層やボトムにいる青物が口を使ってくれることを願いつつ、You Tubeで観た入力解説をイメージしながら操作するも乗らず・・最後はヒラスズキ狙いでショアシャインライナーZのLH(ランカーハンター)でサラシも出ないベタ凪の海面を引いて終了・・。

青物もヒラスズキも釣れず・・撃沈・・。

 

第1便で帰らなければならないので、荷物を回収してアジング装備だけは残してフェリー乗り場付近まで戻り、まだ20分ばかし時間が余っていたのでアジング開始です。

普通にジグ単をしていましたがなかなか釣れず、沖目の表層でマイクロベイトが漂っているのを視認したので、だったらミニカリ!ということでキャストしてダート後のステイで反応あり!なかなか引きます。アジのような引きをするのでもし、アジだったら普通に尺くらいあるんじゃないか?と思いながら、0.1号のPEラインを気にしながら寄せてきたところ・・。

さかなの正体はサバさん・・尺サバさんでした。

ここに来て、とりあえずキープ!

残り時間5分で4尾ほど釣りフェリーに乗り込み完全にストップフィッシング・・。

なかなか、考えさせられる釣行でした・・。

一番勉強になったのが、カニさんの威力は絶大だということ・・。

帰り際、居残りアジ師たちがわんさか良型のアジを釣るのをみて・・この時間でまさかのアジ接岸かよ・・。と今帰っていることを後悔していると、外側の堤防の方で数人の釣り師に見守られながらタモ入れされてるさかなを発見・・。

ヒラメ・・。釣れてる・・。なんというクライマックス・・。

・・もはや無念のかたまりしかない・・。

近日リベンジ熱に燃え盛るswitchでした。