釣友、巨大ブリを釣る・・。2021年初のオフショア春マサジギング!

釣友、巨大ブリを釣る・・。2021年初のオフショア春マサジギング!

ようやく待ちに待ったシーズンが到来しました!!

春です!!春マサシーズン到来でございます!!

昨年は釣行日が荒天ばかりで春マサオフショアシーズン(夏マサシーズンも)を逃してしまったものの、今年は幸先よく春マサシーズン開幕戦に挑むことができました。

ようやく手にしたオフショアジギングのチャンス・・。

ここ最近、オフショア釣行では迷走に迷走を重ね過ぎて釣果に恵まれないことが多いですが、どうにかヒラマサさんを・・ヒラゴさんでも構わないので兎にも角にも1尾を手にしなければ!!!!

と意気込み過ぎて結局一睡も出来ずに乗船となってしまいました。

今回の釣行記録は、そんな春マサシーズン釣行についてです。

それでは書いていきます。

 

スタートフィッシング

久々のオフショア・・。

陸の景色とはかけ離れた海原の景色を堪能しながら、ポイントへ向かうこの時間はウズウズがとまりません。

最初のチョイスはKYジグの220g。

水深が40m弱だったので180gや、それ以下のウエイトでもよかったのですが、誰よりも早く底に落としてプレッシャーのない魚を釣り上げようと画策していたので一つ重めを選択。

ちなみに、このKYジグは水切れもよくフォールスピードも早くシュパシュパ系のジグにみえますが、どちらかというと左右非対称の設計なのでイレギュラーアクションタイプと僕個人の中では分類しています。

SONY DSC

シュパシュパ系のスライドしまくるジグが魚のスイッチを入れるジグと仮定するならば、KYジグは左右非対称という持ち味を活かしたイレギュラーアクションにより、どちらかというと操作してスイッチを入れるというよりはフォールや喰わせの間といった部分によるリアクションバイトで魚が口を使う・・と考えていて、魚の反応がなかなか得られない渋い時に限ってよく釣れたりするイメージがあります。

(そう分析したものの、実際には動きはシュパシュパ系とほとんど変わりませんが・・。)

とにかく、みんながシュパシュパ系のロングジグを選んでいたので、ならば僕は違ったアプローチで正解へと導く!という考えでKYジグを選びました。

だがしかし・・。

誰よりも最初にジグを落としてプレッシャーのない魚を釣る作戦は見事失敗に終わる・・。

ということで、もう220gを使わなくてもよくなったので、5回くらい反応を見終わったあとで序盤の序盤に疲労を蓄積させないためにも、すぐに180gのKYジグに変更しました(笑)。

 

ちなみに・・。

スタートフィッシング直後はあと1時間ほどで潮止まりというタイミングのせいか、潮はそこまで動いておらず、そこそこの風が吹いていてドテラでの釣りということもあり、回収するまでに1〜2回(ほとんど1回)の着底しかとれない状況でして、おそらくジグがあまり動いていないと想像・・今、魚をつるにはなかなか難しいのではないかと想定されます。

 

そんな状況でも、水深20m〜30mの中層にはずっとベイトの反応が出ていて、ベイトがいるということは少なからずフィッシュイーターは絶対にいるはずなので、潮の動きが悪かろうが”ジグをしゃくる”その選択肢しかなく、ひたすらシャクっていると、ミヨシで釣りをしているY氏にヒット!回収中に喰ってきたようで幸先よくヒラゴをキャッチしておりました。

 

ここからswitchの考察(迷走)のはじまり。

ロングorショート、ダウンサイジングやタングステン云々というより、速度じゃね?

という結論に達し、今までのいたってシンプルでノーマルなテンポなしゃくりよりも、なるべく高速で魚になるべく見切られないような、いつもよりスピードを上げてしゃくり続ける作戦に出ます。

結果、ただただ体力を酷使するだけという結果に終わり、疲れがたまったのでタングステンのTGベイト160gにチェンジして、ジグを小さくして心の中で「一口サイズになって食べやすいぜ!」と言いながらしゃくっていると、僕の前で釣りをしていたM氏にヒット。元気なヒラゴをキャッチです。

(またロングジグかよ・・。)

TGベイトを見ながらまたもや考察(迷走)をはじめる。

シュパシュパ系ロングジグ・・だったらジグパラしかねぇ!!

現在の釣果では2尾ともシュパシュパ系のロングジグなので、今日のアタリジグはシュパシュパ系に違いない!!

ということでジグパラロングにするも音沙汰なく潮止まりを迎えようとしていた時・・。

僕はどうせ潮止まりだから気分転換に遊ぼうと思い、40gのTGベイトを使ってSLJでなにかしらの1尾を釣ろうとしていたところに、ミヨシのY氏のジグに反応があった模様・・。

その様子を見ながら、このままSLJを続けるかジグパラに持ち替えてジギングをするか思案しておりましたが、釣友Uがタイラバからジギング(ジグパラ)に切り替えたのをみて、だったら別方向でアプローチしてみるべきという決断に達し、SLJを継続・・。

その直後だったと思われる。

 

釣友U 氏にヒット!!!

 

穂先がずっと沈み込んでいて重そう・・多分コレ・・デカイんじゃね?

船長から周りに回収指示があって、ミヨシへ移動するように指示がでる。

動画撮影係として釣りをやめて撮影しながら釣友U 氏のファイトを固唾を呑んで待ち続ける。

かなり重そうだし、ある程度ファイトしながらもドラグが出されているようで、絶対にデカイということだけは分かった。

そして攻防の末にキャッチされた魚は年末にかなりの高値で売られている巨大ブリそのもの!!

なんだこの体高・・というかなんだよこの厚み・・。

まさしくブリだった。誰がなんと言おうとブリだった。年末の10万円とかで売ってるブリブリのブリだった。

船上計測したところ12キロ強!!!

10キロ以上がブリと言われる玄界灘という海域において、この魚は間違いなくブリだと思った。

釣友U氏・・やべーの釣った・・。本日不参加のJくんには申し訳ありませんが、マジですごい魚を見れて感動!!

というか・・この海域にこんな化け物いるのかよ!!

ヒラゴ→ヒラゴ→潮止まり・・からの巨ブリ!!

すげぇな。何が起こるか全くわからねぇ・・。

 

僕も続きたい・・!!

キャッチを終えてすぐに釣りに戻りますが、本格的な潮止まりを迎え沈黙・・。

あの時こうしていれば・・という後悔とあんなすげぇ魚を目の前で見れた衝撃が綯い交ぜになって変な気持ちです。

とりあえず、潮が動けばこの調子なら僕でも釣れるはず・・と思っていたにもかかわらず、潮止まりからの動き始めでは全く釣れずあっという間に終盤を迎える・・。

 

反応のあるベイトエリアから漁礁狙いへと戦略的シフトをとった船長の判断と行動のおかげである・・。

とある漁礁をTGベイトスリムでしゃくっていたときのこと・・。

着底して7しゃくり目を終えて8しゃくり目へと移るタイミングで物凄いパワーで底へ突っ込まれた。

待望のヒット(しかも間違いなく大型)やったぜ!!

と思った直後に生命感が途絶える・・。

バレたか?と思いきや、ノットの途中が切れてた・・。

そういえば、今日、めちゃめちゃリーダーがガイドに絡んでたよな・・。アンダーキャストで何度もガイドにリーダーか絡んで飛ばせなかったもんな・・。おそらくそのときにノットの負荷がかかりすぎていたんだと思う。

またやってしまった・・。

ちなみに、いまのところボウズは僕だけで他の釣り師たちは全員安打(U氏にあっては満塁ホームラン)を達成している。

それゆえ、絶対に気にされているだろうし、自分も気にするだろうし船長も気にするだろうし・・。そして、掛かった魚もそうだ。

すべてにおいて申し訳ない・・。

ノット迷子・・。昨年のヒラマサキャスティングのときもそうだ。あのときは、ドラグガチガチにしすぎたこともあったけれど、今回はラインメンディングを怠ったせいだ。とにかくぼくはノット迷子だ。

釣りの前に研究しなければ・・。

 

結果、惨敗(ボウズ)・・。

ノット迷子・・発生・・。